Datenschutzerklärung
 

 

Back
to the Homepage

WELCOME

Institute for World Economics and International Management (IWIM)

-世界経済・国際経営研究所

 

  経済的な背景

21世紀に入り発展を遂げる商業・生産活動の国際化は、市場のグローバル化が着実に進行していることを物語っています。地理的位置、科学技術上の地位からみて、グローバル化というこの地理的・経済的移行過程のなかで、ドイツほどその経済的可能性に恵まれた国はありません。このドイツを取り巻く全般的な状況は、とりわけ伝統的な港湾・商業都市として、国際的な展開に独自の方法で自己を関連づけ、そのなかで成長を遂げてきたハンザ自由都市ブレーメンにこそ当てはまると言って良いでしょう。

地域的空間、そして時間的空間のなかで活発化する市場競争は、-常に競争の先鋭化を伴いつつ―現代を特徴づける《情報》を、生産要因として決定的に重要なものにしています。経済界から要請されるこの新たな要因を習得し、その発展方向を分析することが、当研究所、IWIMが担う多種多様な実践的課題の本質的な部分をなしています。

   重点課題

すでに設立から15年が経過したIWIMは、この間の活動を通じて、マクロ経済およびミクロ経済にかんする専門教育と、その先にある研究活動をつなぐ接点としての役割を担ってきました。またIWIMは、国際関係のなかでの国民経済の意味、世界経済の構造変化の解明、そして国際経営の様々な手法の分析を、国際経済関係と国際経営をめぐる重点研究の核と位置づけ、その知識の発信源として機能しています。当研究所の目指す仕事像とは、実社会においても有効な成果を達成することにあり、それは、いまや国内外で開催する経営セミナーや協議、(経済、政治、科学分野からの報告者による)研究集会、そして2年ごとに実施している経済年会議によって確固としたものとなっています。

時代が求める多種多様な課題に取り組むことを目的とする当研究所にあって、経営と国民経済の研究は、専門教育、セミナー・会議の開催と並ぶもう一つの主要な支柱をなすものです。IWIMは、その成果を、随時、特別な研究プロジェクトの研究発表として、また、特定の地域研究とその実証に重点を置いた研究論文として定期的に公表しています(例えば、東西ヨーロッパ、アフリカ、日本、インドそして中国といった地域研究、規制(Regulierung)、交通制度(Verkehrswesen)に関する諸研究、そしてシュンペーター(Schumpeter, Joseph Alois)研究などがそれに当ります)。さらに、『世界経済会議報告』(„Berichte aus dem Weltwirtschaftlichen Colloquium“)、『大学の論点「国際経済関係と国際経営」の資料』(„Materialien aus dem Universitätsschwerpunkt ‘Internationale Wirtschaftsbeziehungen und Internationales Management’“)ならびに『中国研究報告』(„Berichte des Arbeitsbereiches Chinaforschung “)を研究所独自の出版物として刊行し、時事的な問題を取り扱うとともに、ミクロもしくはマクロ経済的な諸関係の分析を行っています。

——————————————————————————————

  研究所指導陣

 ◦ アクセル・ゼル教授      Prof. Dr. Axel Sell

  カール・ヴォールムート教授  Prof. Dr. Karl Wohlmuth

——————————————————————————————

・連絡先

Tel.  04 21 / 2 18 66517 (Professor Wohlmuth)

Tel.  0421 / 218 66516 (Professor Sell)

E-Mail  iwim@uni-bremen.de

HP     www.iwim.uni-bremen.de

 

住所 Universität Bremen 

FB7 / IWIM 

Postfach(郵便私書箱)  33 04 40 

28334  Bremen

 

back to the top

Status: 18. August 2012.